むくみと腸の関係

腸の不調でむくみになる?

腸が不調気味の女性

むくみを引き起こす原因は様々。
一見、むくみとは何の関係もなさそうな臓器である腸だって、むくみの原因になる場合があるんです!

 

お腹の張りや便秘気味の方は要チェック。
今回は腸の働きについて詳しく見ていこうと思います。
腸という臓器についてみていきましょう。

腸ってどんな臓器?腸のメカニズムとは

腸のイメージ図

腸がどんな臓器か、何となくは知ってる人も多いはず。
一番知られている腸の役割は、消化ではないでしょうか。
胃と同じように消化を行い、栄養を吸収するのが腸の役割の一つ。

 

栄養を吸収し終わった後のカスは、便として運ばれていきます。
そして二つ目の役割が、免疫、解毒。
腸は運ばれてきた食べ物の中に害となるものがないか、チェックしてくれているんです。

 

小腸・大腸の役割

腸には特有の免疫組織があり、そこが腸内細菌によって活性化されて、体内に取り込んでしまわないよう働いているんですよ。
腸の働きは24時間休まず行われていて、独自の機能を持っていることから第2の脳と言われています。
まとめてみると...。

 

  • 小腸…消化した食べ物を分解して栄養素を吸収
  • 大腸…便は大腸から作られている。消化の最終地点

 

腸は栄養素を取り入れる窓口であり、有害物質を判断し、排除する器官。
そして消化、吸収、解毒、排泄、免疫など様々な働きを担ってくれる重要な臓器。
ということになります。
主な解毒の役割があるのは肝臓なので、その肝臓の負担を減らしているのが腸、とも言えますね。
排泄のメカニズムを簡単に言えば、小腸でほとんどの栄養が吸収され、その残りが大腸へ運ばれ、そして細菌などをブロックしながら適度な硬さになり便となる、というもの。

 

腸がしっかり働かなければ、解毒作用が弱まり肝臓の負担が大きくなったり、余計な水分や毒素は体内にとどまる、もしくは染み出してしまうんです!腸の不調は便秘になりやすいだけでなく、むくみにもつながってしまう、というわけですね。

便秘がむくみを引き起こす原因とは

便秘やガスだまりに悩む女性

むくみの原因の一つにもなる、便秘。便秘とはズバリ、便が何らかの原因によってお腹の中にとどまってしまっていたり、回数が少ないことを指しています。
お腹の中に長時間、便が残っていると、そこからガスが発生してしまいます。

 

これは便が腐敗したときに出るガスで、このガスがお腹を膨らませリンパ管や血管を圧迫すると、リンパや血液の流れが悪くなり、その結果水分がたまってしまうことでむくみにつながってしまうんです。
つまり、便秘によってむくみにつながっている場合、そのむくみは腸を見直すことで改善できる!と言えるんです。

 

その他にもこんな人は便秘!
  • 排便量が少ない
  • 便が硬い
  • 残便感があってスッキリしない

むくみ改善に、腸内活性化!

腸内フローライメージ図

腸の中には、たくさんの細菌がいます。善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類に分けられ、その重量なんと1キロ以上!

 

腸内フローラと呼ばれていたりもするので、聞いたことがあるかもしれませんね。善玉菌が理想数あれば、食べ物からの栄養がしっかり吸収されるんですが、もし善玉菌が少なかったり悪玉菌が多ければ…。

 

その場合、栄養は吸収されないまま便と一緒に捨てられてしまうことにもなるし、便秘にだってなりやすくなります。むくみの改善には、腸内活性化は欠かせない対策と言えそうです!そのためには善玉菌を増やす必要があります。

 

善玉菌を増やすには?

善玉菌で一番有名なのは、乳酸菌ではないでしょうか?乳酸菌は栄養の吸収を助けるだけでなく、ビタミンを作り出してくれたり有害菌の動きを抑えたり、腸の中の腐敗を遅らせたりもしてくれる細菌。

 

歳をとるとだんだん減ってくるからこそ、乳酸菌の多い食べ物をよく食べることが大切なんです。ヨーグルトや乳酸菌の飲み物だけでなく、味噌や納豆、漬物、キムチなどにも乳酸菌はたくさん含まれています。

 

また、その乳酸菌がより活性化するために、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維も必要。ヨーグルトにオリゴ糖を足して食べたり、食物繊維の豊富なナッツや野菜、海藻を多く摂るといいですね。

 

善玉菌を増やす主な栄養素と食べ物
  • ビフィズス菌や乳酸菌…ヨーグルト、ぬか漬け、キムチ、納豆
  •  

  • 食物繊維…レタス、寒天、のり、わかめ
  •  

  • オリゴ糖…バナナ、はちみつ、きな粉、蒸し大豆

むくみ改善だけじゃなかった!乳酸菌の働き

近年の研究で、乳酸菌は花粉症やぜんそくなどのアレルギーを抑える働きがあることもわかってきたそうです。更には、カルシウムの吸収もサポートしてくれるんだとか。

 

また乳酸菌は、血液中の中性脂肪値を下げてもくれるので、肥満にも効果があると言えそう!むくみは皮下脂肪が多いほど起こりやすいので、この一面からも乳酸菌はぜひとりたいですよね。

 

トップページへ

関連ページ

年代別から見るむくみのメカニズム
なんだか若い時よりもむくみがひどくなった気がする…もしかして年齢のせい?筋力や代謝の関係からむくみと年齢はどう繋がっているのか、むくみのメカニズムについて調べてみました!
性別の代謝と筋力から見るむくみのメカニズム
むくみに悩む女性に伝えたい!女性は男性よりもむくみ対策が必要なんですよ。このページでは女性と男性の代謝や筋力の関係からむくみのメカニズムを分析してみました。
脚と足のむくみの違いと解消法
「足」と「脚」って表現の違いだけではなく、示す場所に違いがあるんです!このページでは足と脚、それぞれのむくみ対策について説明しています。自分にあったむくみ対策でスッキリ足を手に入れよう!
血行・血流を司る臓器のメカニズム
むくみのメカニズムを徹底解析!日々悩みの種であるむくみ。実は血行、血流を決める臓器・心臓の水分バランスにあったんです!更には毛細血管の老化にも原因が!?むくみに悩む方は必見です★ポリフェノールが「きてる」ワケ!
排出・免疫を司る臓器のメカニズム
むくみを徹底的に解消したい方はリンパの流れを良くしましょう♪そしてむくみ解消に最も効果的なのがカリウムなんですよ。このページを読んでむくみが発生するメカニズムを知りましょう。そして明日からむくみを卒業して快適ライフへ♪
水分代謝・尿を司る臓器のメカニズム
むくみと腎臓の関係について調査!腎臓は尿を作り出している臓器で水分代謝が最も多い場所なんです。ここでは腎臓のメカニズムやむくみに良い栄養素カリウムについてまとめました。腎臓を健康にしてむくみゼロを目指しましょう!
代謝・解毒を司る臓器のメカニズム
むくみの原因は実は肝臓機能低下!?肝臓は臓器の中でも一番大きいといわれています。その肝臓のメカニズムやむくみとの関係をご紹介。肝臓に良い栄養素スルフォラファンやポリフェノールを摂取してむくみ改善をしましょう!