むくみと年齢の関係

年齢とむくみのメカニズム

年齢を重ねると何でも「歳のせい」にしてしまいがち。
むくみも例に洩れず「歳のせいでむくみやすい」と聞きますが、はたして本当なのでしょうか?
代謝や筋力など年齢によって変化する身体とむくみのメカニズムを合わせて見ていきましょう。

年齢別代謝量から見るむくみ

年齢別基礎代謝表

グラフ1は、厚生労働省eヘルスネットで公開されている日本人の基礎代謝基準値を元に私が作成した日本人の基礎代謝基準値です。これを見てみると男女を問わず、年齢の上昇とともに代謝量が低下しているのが分かります。

 

基準体重の男性の場合、20代と30-40代は一日に1520kcalなのが、50-60代には1380kcalと減少、70歳以上ではさらに1230kcalと下がります。女性の方はというと、基準体重での基準代謝量は10代が最高で、15-17歳で1270kcalなのが、20代では1180kcal、30-40代で1140kcal、50-60代で1100kcallと下がり続けます。

 

厚生労働省eヘルスネットでは加齢による代謝量減少の大きな理由として除脂肪量の低下をあげていますが、除脂肪量というのは体重から体脂肪を引いた値なので、除脂肪量の低下はすなわち体脂肪の増加につながっています。簡単に言うと、年齢と共に体脂肪が蓄積され、その分除脂肪量が低下すると若い頃のような基礎代謝量が維持できないということです。

 

代謝量が少なくなると血流が滞ってしまうことは容易に想像できます。血流が悪いと余分な水分など老廃物を排出しにくくなることから、

血流が滞る=むくみの原因
と言われています。

このことから、

 

加齢と共に代謝量が落ちる

血流が停滞する

むくみやすくなる

 

と言えそうですね。

年齢別筋力量から見るむくみ

>年齢別握力テスト表

おじいちゃんおばあちゃんを想像すればわかると思いますが、筋力もまた年齢とともに低下していきます。
筋力を測る指標として国際的に用いられているのは握力なので、文部科学省の体力・運動能力調査の握力測定結果(kg)平成27年度をもとにグラフを作成したところ、男女ともに30代をピークに中年期から減少傾向が現れていました。*グラフ2参照

 

男性の握力は35-39歳で47,16kgなのが、40-44歳では46,95kgと減少、60代には41kgに減少し以降も低下を続けます。
女性の握力は35-39歳29,34kg、40-44歳で29.35kgとまだ保っているものの、45歳から49歳では29.31kgと低下、60代には26kgに減少し以降も低下を続けます。

 

こうやって見ると筋力が大きく低下しているわけではないので、年齢による筋肉量減少がむくみに繋がるとは言いにくいですね。
とはいえ、別名「血液を流すためのポンプ」の名を持つ筋肉が減ってしまうとむくみやすくなると言われていますから、年齢問わず運動や筋トレをして筋力増加を目指しましょう。

皮下組織圧から見るむくみ

病院のイラスト

世田谷区にあるリンパ浮腫治療のクリニックのサイトにて、皮下組織圧もむくみのメカニズムに影響を与えているとの情報があったので共有しておきます。皮下組織圧というのはあまり聞き慣れない言葉ですが、その名の通り皮下組織の圧力との認識で間違ありません。年齢を重ねることによって皮膚表面に弾力がなくなり皮下組織圧が低下すると、皮下組織内にたまった水分を押し返すことができなくなってむくみが出やすいといった内容が書かれていました。

 

肌がぴんと張り詰めた若くて健康な人では皮下組織圧も高く、おばあちゃんのシワシワの足のように緊張度が落ちると皮下組織圧が低くなるとイメージすれば納得です。震災時に注目された着圧タイツやストッキングはこうしたメカニズムを意識したもので、体液の通り道である静脈やリンパ管が正常に働いているむくみのない状態を保つために皮下組織の圧力を上げる役割を担っているとのことでした。

タイツを履いてる女性の足

調べてみた結果、やっぱり加齢と共にむくみやすくなるんだなと感じました。年齢が上がると共に臓器などの身体の様々な機能も衰えてきますから、何事も「歳のせい」と言うのもあながち間違っていないのかもしれません。血流の大元である心臓も、代謝を司る肝臓も、水分をろ過する腎臓も、生まれてからずっと働いてくれているのですから当然と言えば当然のことですね。

じゃあむくみを受け入れるしかないの?

悩む女の子イラスト

確かにデータをみると年齢とともに代謝量や筋力が衰えて、むくみやすくなる人が多いようですが、歳をとってもむくまない人がいるのもまた事実です。例えば、顔はシワが目立っても足はすらっとむくみなしという人を見かけること、ありますよね。こういう歳をとってもむくまない足の女性って若い頃にダンスなどで鍛えていた人が多いと聞きます。

 

また、ビタミンやミネラルが豊富な食べ物など、食事に気を使っている人も多いのだとか。年齢があがるにつれてむくみやすくなるのが事実だとしても、食生活に気を配って摂取水分量をコントロール、運動やマッサージで筋力や臓器の健康を保つなど、ひどくならない工夫はできます。加齢によるむくみを完全に取り除くことはできなくても、軽減する生活習慣を身につけて、むくまない歳のとり方をしていきましょう!

ストレッチをしている女性

トップページへ

関連ページ

性別の代謝と筋力から見るむくみのメカニズム
むくみに悩む女性に伝えたい!女性は男性よりもむくみ対策が必要なんですよ。このページでは女性と男性の代謝や筋力の関係からむくみのメカニズムを分析してみました。
脚と足のむくみの違いと解消法
「足」と「脚」って表現の違いだけではなく、示す場所に違いがあるんです!このページでは足と脚、それぞれのむくみ対策について説明しています。自分にあったむくみ対策でスッキリ足を手に入れよう!
血行・血流を司る臓器のメカニズム
むくみのメカニズムを徹底解析!日々悩みの種であるむくみ。実は血行、血流を決める臓器・心臓の水分バランスにあったんです!更には毛細血管の老化にも原因が!?むくみに悩む方は必見です★ポリフェノールが「きてる」ワケ!
排出・免疫を司る臓器のメカニズム
むくみを徹底的に解消したい方はリンパの流れを良くしましょう♪そしてむくみ解消に最も効果的なのがカリウムなんですよ。このページを読んでむくみが発生するメカニズムを知りましょう。そして明日からむくみを卒業して快適ライフへ♪
水分代謝・尿を司る臓器のメカニズム
むくみと腎臓の関係について調査!腎臓は尿を作り出している臓器で水分代謝が最も多い場所なんです。ここでは腎臓のメカニズムやむくみに良い栄養素カリウムについてまとめました。腎臓を健康にしてむくみゼロを目指しましょう!
代謝・解毒を司る臓器のメカニズム
むくみの原因は実は肝臓機能低下!?肝臓は臓器の中でも一番大きいといわれています。その肝臓のメカニズムやむくみとの関係をご紹介。肝臓に良い栄養素スルフォラファンやポリフェノールを摂取してむくみ改善をしましょう!
消化・免疫・解毒を司る臓器のメカニズム
むくみで悩んでいるあなたは実は便秘ではありませんか?腸の活動が低下すると腸内の水分量が減り、むくみに繋がる場合があります。ここでは腸という臓器のメカニズムや、腸に良い乳酸菌についてご紹介します。