むくみとリンパの関係

むくみとリンパの関係 | 排出・免疫を司る臓器のメカニズムとは

むくみと切っても切れない関係にあるリンパ。
リンパの流れが悪いとむくみにつながる、なんてよく言われています。
でも、リンパってそもそも何なの?
そしてリンパのどんなメカニズムでむくみとなるのか、詳しく知ってますか?

リンパって、いったい何?

リンパの図

リンパとは、リンパ管を通っているリンパ液のことを主に指しています。
体の中の老廃物を排出させるため、またウイルスや細菌から体を守る免疫効果のある器官のことをリンパと呼んでいるんですね。
血液から染み出た栄養分が細胞などにいきわたった後、余分な栄養分がリンパ液となって、リンパ管に回収されます。このリンパ液の中に、老廃物や細菌などが一緒に流れてるんですよ。
これらはリンパ節に到着してそこで除去され、静脈と合流して、ポンプ機能のある臓器・心臓に戻る、というのが、リンパのメカニズム。

 

ちなみに・・・
体内を巡る水分として、血液がありますよね。血液は心臓が動くことで管理できているんですが、リンパは別。

 

血液がサラサラになろうがリンパには全く関係がなく、リンパの流れが悪くなることだってあるんです。

リンパが滞ると、どうなる?

人間のリンパのイラスト

リンパ管は血液に寄り添うように全身を巡り、体の中心部へ有害なものが流れ込まないように防いでくれていますが、そのリンパ管には、心臓のようにポンプ機能をもったサポートがないので、自力でリンパ液を流すしか方法がありません。

 

リンパ管の伸び縮みによってリンパ液が流れるメカニズムですが、それだって筋肉が必要。リンパ管だけでなく、その周りの筋肉がサポートするしかないんです。

 

このサポートが弱まると、体には色んなデメリットが出てきます。そのひとつとして、むくみがあります。
リンパが滞っていると、血液から排出されてリンパに回収されなくてはいけなかった老廃物や水分がそのまま、細胞に残る。
これがむくみとなって表れてしまうんですね!

 

むくみは脂肪をため込んだり冷えを引き起こしたり、新陳代謝が悪くなることでシワになったり。むくみだけでなく、ホルモンバランスの崩れや体調を崩しやすくなったり、ストレスといった心の問題にだってつながります。リンパ節が腫れた…という不調を起こした人だっているかもしれませんね。
このように、リンパは常に、流れが良い状態でなくてはなりません。
たくさんの細菌を除去して免疫力を上げてくれるのも、リンパのおかげなんです。

リンパの流れを良くするには?

顔にあるリンパのイラスト

 

例えば、リンパマッサージという方法。むくみ解消、水分や老廃物の排出には、リンパの流れを活性化させることも効果的。顔のむくみなどにも効果的なリンパマッサージは優しくリンパの流れに沿ってマッサージすることで、溜まった水分や老廃物をしっかりリンパ節に届ける効果があります。

 

ストレッチや軽い運動、日常生活の動きを大きく行うなど、いつもより意識して体を動かすと、全身のリンパの流れが良くなりますよ。特に関節にはリンパ節があるので、太ももをしっかり上げて歩いたり腕を振ったりすると、それだけでリンパ節が活性化してくれます。

老廃物や水分を排出してくれるのは、リンパだけじゃない!

カリウムの野菜の写真

リンパは体内の余った水分や老廃物を流してくれる、大切な器官ですが、体の外からも排出を促すことだってできるんですよ。
それがカリウム。
体の中の水分量を調節してくれる栄養素で、むくみの原因となる塩分、ナトリウムの排出、そして利尿作用があるとして、むくみに特に効果的なんです。加工食品やお酒、コーヒーによって塩分過多、またカリウム不足になっている人がとても多いんですよ。

 

サプリメントを利用してもいいし、カリウムが特に多い食品、例えばアボカドやバナナ、キウイ、ほうれん草、イモ類などをぜひ積極的に摂るようにするといいですね。

 

カリウムの多い果物ランキング

 

カリウムの多い野菜ランキング

トップページへ