むくみと肝臓の関係

むくみと肝臓の関係|代謝・解毒を司る臓器のメカニズムとは

むくみをなくしたい、むくみを予防したいなら、余計な水分はためこまないようにすること、そして老廃物も常にキレイに除去できていることだって大切。デトックス、つまり解毒って、むくみ対策にはとても大事なんです。
私たちの体にはこの解毒をする働きをもつ臓器があり、むくみにも大きく関わっています。
ではその臓器とは一体何でしょうか?

解毒を司る臓器って、どこ?

肝臓のイメージ図

血液の中には、水分や栄養の他に、老廃物なども含まれています。それをキレイにする臓器が肝臓です。
腎臓やリンパも代謝に大きく関わっていますが、肝臓は腎臓と違い、尿として外に出す機能はありません。ですがアンモニアを尿素に変え、腎臓へと運ぶのは肝臓の仕事です。
血液の中にある有害なウイルスや細菌、アンモニアを除去してくれるだけでなく、エネルギーだって作り出してくれています。

肝臓のメカニズムとは?

肝臓の働きイメージ図

血液の中の老廃物、細菌を取り除く解毒作用、そしてエネルギーを作り出す代謝機能を持っている、肝臓。炭水化物やたんぱく質、脂質といった栄養をグリコーゲンに変えて貯めていて、エネルギーが必要になったらそこから使うようにしているのが、肝臓の代謝機能です。

 

また解毒作用にはお酒も含まれていて、アルコール分解だって肝臓の役目。
体の中でも一番大きな臓器で、これだけ大切な役割を持っている肝臓ですが、神経がないのが大きなデメリット。
機能が低下しても自覚症状が出にくいので、沈黙の臓器、とも呼ばれてるんです。

肝臓のメカニズムが狂う原因は、やっぱりお酒?

肝機能の低下イメージ図

もしも、肝臓の機能が低下してしまったら…。例えばお酒をよく飲んでいたり太り過ぎていたりすれば、肝臓など色んな臓器の機能が低下します。

 

それだけでなく、ストレスや運動不足、いきすぎたダイエット、糖質や脂質のとりすぎなども、肝臓を悪くする原因になるんです。休肝日、なんていうくらいだから、お酒を毎日飲む人が肝臓を悪くする…というイメージがあるかもしれません。
でも、お酒を飲んでなくてもスリムな体型でも、肝臓のメカニズムが狂ってしまってる可能性だってあるんです!

肝臓とむくみの関係、むくみの起きるメカニズムとは

肝臓の機能が低下すると、体には色んな症状が表れます。肌荒れやシミ、だるさ、微熱といった小さな症状から、黄疸や脂肪便などちょっとこわいものも。むくみも、肝臓と関係があるんです。

 

肝臓にはアルブミンという栄養素がありますが、機能が低下すると、アルブミン量は減ってしまいます。すると、血液の中の水分が保たれなくなり、細胞に染み出てしまうんです。
これが、肝臓が原因でむくみとなってしまうメカニズム。そのむくみ、もしかしたら肝臓のせいなのかもしれません!

 

肝機能低下の症状

  • 黄疸、脂肪便
  • 体がだるい
  • 食欲減少
  • お酒が美味しくなくなった
  • むくみ

臓器レベルでむくみを改善するには

禁酒する女性

肝機能をアップさせるには、まずは生活習慣の改善が一番です。お酒の量を控える、ごはんやパン・麺類ばかりを食べないようにする、スナックなどのお菓子を控える、という食事面での改善がひとつ。
そして、運動不足の解消を取り入れることも大切です。
また、意外ですが鉄分を控えることも、肝臓の機能アップには効果的なんです。

 

むくみ改善ポイント
  • お酒を控える、飲み過ぎない
  • 規則正しい食事をする
  • 良質なたんぱく質を摂る
  • 適度な運動を心がける
  • 禁煙をする
  • 夜更かしをさける
  • 糖質・塩分を減らす

これらはむくみになりやすい原因となるので当てはまる方は注意が必要です。

肝臓を助けてくれる栄養素がある!

肝臓にいいとされる栄養素だってあります。
規則正しい食事を心がけるには栄養素も知ることはとても大事。

 

スルフォラファン

ブロッコリーなどアブラナ科の植物に多いスルフォラファンは、ガン予防、二日酔い予防に効くと有名なんですが、抗酸化作用が高いことで酸化ストレスを減らし、肝臓の保護にも役立ってくれます。

 

アリシン

玉ねぎやにんにくには、解毒をサポートしてくれるアリシンが多く含まれています。

 

タウリン・オルニチン

シジミやタコ、チーズなどに含まれるタウリンやオルニチンは、アルコール分解や解毒作用があります。

 

ポリフェノール

血液サラサラ成分のポリフェノールだって、肝臓にはとっても効果がある栄養素。
ポリフェノールは、お酒による肝臓への負担を減らしてくれるし、γ-GTPやGPTといった、解毒作用をもつ酵素やエネルギー代謝に関わる酵素が余分に作られ数値が上がるのを、正常に戻してくれるんです。
ポリフェノールは冷え性の改善や疲労回復にも効果があるので、ぜひ取り入れたいですね。
ポリフェノールについてさらに詳しく調べたページがありますので、こちらも参考にしてみて下さい♪

 

【ポリフェノール編】むくみ解消食べ物ランキングをチェック

 

コーヒーでむくみ解消なるか?をチェック

トップページへ

関連ページ

年代別から見るむくみのメカニズム
なんだか若い時よりもむくみがひどくなった気がする…もしかして年齢のせい?筋力や代謝の関係からむくみと年齢はどう繋がっているのか、むくみのメカニズムについて調べてみました!
性別の代謝と筋力から見るむくみのメカニズム
むくみに悩む女性に伝えたい!女性は男性よりもむくみ対策が必要なんですよ。このページでは女性と男性の代謝や筋力の関係からむくみのメカニズムを分析してみました。
脚と足のむくみの違いと解消法
「足」と「脚」って表現の違いだけではなく、示す場所に違いがあるんです!このページでは足と脚、それぞれのむくみ対策について説明しています。自分にあったむくみ対策でスッキリ足を手に入れよう!
血行・血流を司る臓器のメカニズム
むくみのメカニズムを徹底解析!日々悩みの種であるむくみ。実は血行、血流を決める臓器・心臓の水分バランスにあったんです!更には毛細血管の老化にも原因が!?むくみに悩む方は必見です★ポリフェノールが「きてる」ワケ!
排出・免疫を司る臓器のメカニズム
むくみを徹底的に解消したい方はリンパの流れを良くしましょう♪そしてむくみ解消に最も効果的なのがカリウムなんですよ。このページを読んでむくみが発生するメカニズムを知りましょう。そして明日からむくみを卒業して快適ライフへ♪
水分代謝・尿を司る臓器のメカニズム
むくみと腎臓の関係について調査!腎臓は尿を作り出している臓器で水分代謝が最も多い場所なんです。ここでは腎臓のメカニズムやむくみに良い栄養素カリウムについてまとめました。腎臓を健康にしてむくみゼロを目指しましょう!
消化・免疫・解毒を司る臓器のメカニズム
むくみで悩んでいるあなたは実は便秘ではありませんか?腸の活動が低下すると腸内の水分量が減り、むくみに繋がる場合があります。ここでは腸という臓器のメカニズムや、腸に良い乳酸菌についてご紹介します。