ポリフェノールでむくみ解消!ランキング

ポリフェノールでむくみ解消!

ポリフェノールでむくみ解消?おすすめ食べ物ランキング

日夜むくみに効く成分は何かとドラッグストアに日参しているのですが、むくみサプリメントの成分の中に多く見られるのがポリフェノール。
ポリフェノールってワインに入っているというやつですよね?
これがむくみに効くの?と素朴な疑問の元、しっかり調べてみました。

ポリフェノールってむくみに効くの?

疑問している女性イメージ

ポリフェノールってよく聞くけど、どんなものなんでしょうか。ポリフェノールといっても、いろんな種類があるようです。

 

例えば、アントシアニン、フラボノイド、カテキン、タンニンなんて言葉聞いたことありませんか?
これらも全部ポリフェノールの種類だそうです。

 

赤ワインをよく飲む方はご存知かもしれませんが、ボトルのそこにカスのようなものが溜まったり、茶渋であったり。
そうそう、バナナやりんごを置いておくと茶色くなりますよね!

 

ああいうのがポリフェノールの作用だそうで、「しぶ」と感じるものが多いので、昔はわざとそれを取り除こうとしていたとか。
ああ、勿体ない話。

 

そのポリフェノールは抗酸化機能がある成分で、加齢による血流の滞りなどに効果があったり、がんにも効果があると言われています。血管の若返りが期待できるというわけで、むくみにも効果があるのでは?とされています。

 

ポリフェノールによる抗酸化の効果

活性酸素イメージ

私たちの体を老化させる活性酸素。体内でひそやかに作られています。
私たちの体は、いらないものをそもそも作らないので、活性酸素も必要悪。

 

しかし、加齢やストレスなどで過剰にできてしまうことも。
それに対抗するのが抗酸化物質ですが、実はポリフェノールは普段私たちが取っている野菜などの中にも含まれているのです。

 

普通に生活していたら、それで十分なのですが、現代のストレス社会や環境悪化などで、活性酸素も増え続けています。
それに対抗するには、抗酸化物質をプラスして取ること。

 

その抗酸化物質には、ビタミンC、ビタミンEなどもあります。
そしてここに持ってきて、ポリフェノールも抗酸化力が強いという研究も進んできました。

 

しかし、ポリフェノールをこれだけ摂取したらという目標量も定まっていず、まだ研究段階なのです。
ただ、ポリフェノール値の高いものは抗酸化値も高いという実験結果は出ているようです。

 

その中には、ビタミンCなども一緒に入っているものも多いので、ポリフェノールだけを取るというより、これらの抗酸化物質も一緒に摂取するというのがベストではないでしょうか?

むくみ解消に効くポリフェノールの入った食べ物ランキング!

1位 緑茶などの飲料

この他にもココア、紅茶、ウーロン茶、コーヒーなどもポリフェノールが含まれています。
では飲料系で最もポリフェノール含有が多いものを何なのか調べてみました。

  1. 赤ワイン
  2. コーヒー
  3. 緑茶

100ml中で見てみると赤ワインは230ml、コーヒーが200ml。緑茶が110ml。
この三つは含有量が多く、アンチエイジング効果やダイエットに良いものですが、摂取のし過ぎには注意が必要。

 

ワインは飲み過ぎると肝機能が悪くなったり、コーヒーはカフェインの効果で睡眠障害、緑茶は鉄の吸収を妨げるタンニンも含まれています。
飲み過ぎには注意をしましょうね。

2位 黒豆、大豆製品

大豆製品はポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが含まれていたり、女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用を持っているため、積極的に摂取すると良さそうです。

しかしこちらも過剰摂取には注意が必要です。

 

1日当たりの目安は1日70〜75mg程ということで身近な食べ物で比較してみましたので、参考にどうぞ♪

  • 味噌汁1杯→9.9r(イソフラボン量)
  • 豆乳200ml→49.6r
  • 納豆1パック→36.8r
  • 乾燥大豆 50g→70.2r
3位 ブルーベリーなどの果物

果物の中で最もポリフェノールが多く含まれているのはブルーベリー。この他にレモンやグレープフルーツ、オレンジ、ブドウなどにもポリフェノールは含まれています。

 

果物の中でもおすすめはブルーベリー、すもも、ブドウ、プルーン!
100g当たりで見てみるとブルーベリーが250r。すもも246r。ブドウ192r。プルーン189rの順でポリフェノール値が含有しているとのこと。

 

効率的に摂取するならブルーベリーが一番良さそうです。生で食べるのもいいですが、ジャムや冷凍ブルーベリーなどはヨーグルトに合わせたり、パンやスムージージュースなどアレンジが色々出来るのでこちらもおすすめです。

4位 モロヘイヤ、ごぼうなどの野菜

この他にパセリ、香菜、ツルムラサキなどにもポリフェノールが含まれています。

 

全体から見たポリフェノール量

食品のポリフェノール含有ピラミッドを基に調べてみたところ、やはり緑茶とココア強し!ポリフェノール含有量で頂点でした。
この図にはありませんが、ほうれん草やワインなどもポリフェノール含有量が多いです。

 

また、製品になっているような飲料は、種類によってポリフェノールの含有量は違います。
裏の成分表などで確認してみてください。

 

次にブルーベリーなどのフルーツがやはり多く、その次に野菜が並んでいますね。
しかし、普通に食卓に上る野菜たちにもポリフェノールは含まれていますので、いろいろな野菜をバランス良く食べることでポリフェノールをたくさん取り入れることができます。

 

また、ココア=チョコレートですが、ポリフェノールが多いからといって取りすぎると一緒に脂肪分も取りすぎてしますので、その辺り注意が必要かも。

理想的なポリフェノールの取り方

ポリフェノール ブルーベリー

むくみ解消効果が期待できるからといって闇雲にポリフェノールだけを取り続けても、それ自体がまだ研究段階でもありますし、ポリフェノールだけで抗酸化を期待しても、健康には程遠い結果にならないとも限りません。

 

何よりも、バランスの良い食事をすることがベストです。
先ほども書きましたが、ポリフェノールはほとんどの果物や野菜に含まれています。
普通に食事することである程度の量のポリフェノールは取れる可能性があります。
コンビニ弁当や外食、肉中心の食事など、バランスの悪い食事からも血流の流れが悪くなり、むくみにつながっていることも。

 

簡単にポリフェノールを摂取しよう

では最後におすすめのポリフェノールの摂り方を紹介したいと思います。
ちょっとした工夫で生活の中に取り入れられますので参考にしてみてはいかがでしょう。
ぜひお試しください♪

  • 緑茶にしても3食普通にお茶を飲む
  • おやつに緑茶キャンディー、ひとかけのチョコと紅茶かコーヒー
  • 朝は納豆やフルーツ
  • 食事を選ぶ際にはバラエティに飛んだメニュー(野菜を多く取り入れて)と赤ワイン

なんてどうでしょう。結構簡単に取り入れることができるのでおすすめ!
むくみにはポリフェノールの効果で抗酸化というより、ビタミンC、 ビタミンEなどとともに、バランスの良い食事を心がけることが一番みたいですね。

 

 

トップページへ

関連ページ

むくみ解消!果物ランキング
むくみに効く果物ってなんだか知ってますか?ここでは果物の栄養素を調べ、むくみ解消効果のあるフルーツをランキングにしてご紹介します。
むくみ解消!野菜ランキング
野菜を食べるとむくみ解消になるってホント?ここではむくみに効く野菜をランキングにしてご紹介。野菜不足がむくみの原因になっているかもしれません。栄養豊富な野菜を知って、むくみ改善をしましょう!
むくみやすくする食べ物とは
むくみやすくする食べ物があるってほんと?ここでは塩分と糖分がどうむくみと関わっているのかを調べてみました。またおすすめの食材も併せてご紹介します。
ビタミン摂取量年代別に調べてみた!
私はビタミンを摂取している!と思っているあなた。実はまだまだ不足しています!こちらでは年代別ビタミンB1、C、E摂取量を調査。その結果不足していることが分かりました。まずは自分の年代をチェックしてみよう。
カリウム不足は要注意!
食事改善をしたい人必見!カリウムが不足はむくみやすい?カリウムが足りないと水分を溜め込みむくみになってしまいます。こちらでは厚生労働省のデータを基に目安量、摂取量を分析。おすすめ食べ物も紹介します!
どのミネラルが足りていないか徹底調査
むくみ解消にミネラルがどう関わっているかん時ですか?ここではミネラルについて調べ、厚生労働省が推奨する摂取量や実際の摂取量を調査しました。