ストレッチでむくみ予防になる!?

超簡単!ストレッチでむくみ予防

ストレッチは、運動の前後やリラックスのためだけにできる運動、ではない!
むくみの予防にだって、ストレッチは効果を発揮してくれるんです。

 

寝たままやデスクワーク中にだってできるストレッチもあるので、こまめにむくみ予防しましょう!
ちなみにどのストレッチも、ゆっくり深呼吸しながら10秒3セットくらいが目安ですよ。

一日をむくみ知らずで過ごすために!朝の布団の中でできるストレッチ

朝起きてすぐ、まだ布団から出ていなくてもできるむくみ予防エクササイズがあります。
それが、寝転がったままの、伸び。

寝転がったままできるストレッチ

無意識にしている人も多いかもしれないですね。寝ている時間って結構長いもの。
4時間しか寝てない!なんて人でも、4時間はずっと横になっているわけで。

 

人間は30回くらい寝返りをしているなんて研究結果もあるんですが、寝返りを全くしない人もいるかもしれません。

 

寝返りをすることで筋肉を動かし、血液の循環を良くしたり体温調節をしているんですが、上手に寝返りができているか、寝ている間のことなので自分ではわからないですよね。

 

だからこそ、起きてすぐの背伸びストレッチ!
長時間大きく動かなかった筋肉をこれでもかと伸ばすことで、一気に血行が良くなり、体がその日一日しっかり動く準備ができるんです。

水分が多い部位・太もものむくみ予防ストレッチ

太ももは太くないほうが、女子的には嬉しいですよね。だからこそ、むくみが起きる前の予防は大切!

 

また体の中で一番大きな筋肉がある部位だからこそ、しっかりストレッチで伸ばすことで、代謝が良くなるというメリットもあります。

太もものストレッチ

  1. まずは立膝をついた状態から始めます
  2. 右足を一歩前へ踏み出す
  3. 両手をその膝の上に乗せる
  4. そのまま体重を右足に乗せて腰を落とした状態に
  5. その体勢で太ももの前側をストレッチしましょう

そのまま、今度はお尻を後ろに引きながら、お尻と右足の太ももの後ろ側をストレッチ。
ぴーんと足が伸びなくてもいいので、太ももの後ろ側が気持ちよく感じるところでキープです。

むくみやすい部位・ふくらはぎのむくみ予防エクササイズ

ふくらはぎは体の中でも特に水分がたまりやすい、地面に近い部位。
ここはしっかりストレッチしておく必要、大なんです。デスクワークの最中でもできるのが、コレ。

ふくらはぎのストレッチ

座ったまま、右足だけをまっすぐ伸ばしてかかとを床につけます。
つま先をぐっと上に向けてキープ、これだけ!

 

10秒キープしたら、必ずつま先を遠くに伸ばしてふくらはぎの伸びをいったんリセットしましょう。
すぐに2セット、3セットと行うとふくらはぎの疲れが出やすいので、思い立った時でOK。

固くなりがち!足首のむくみ予防エクササイズ

足首の関節は、多方向に動くことができる箇所。
地面に近い部位なのに、あまり多方向に動かす機会がないので余計にむくみやすいんです。

 

足首のストレッチは、ミニエクササイズボールがオススメ。
60センチ以上あるバランスボールと違って、少し空気を抜いておいて使うのが便利なんです。
椅子に座った状態で、片足をミニボールの上に乗せたら、前後左右、ぐるぐる、とにかく動かすだけ!

足首のストレッチ2

 

ミニボールがなければ小さめのクッションでもいいですが、膝が動かないように足首だけを意識してくださいね。

むくみやすい目元のむくみ予防エクササイズ

目元がむくみやすくてお悩みの人、ずばりむくみが出やすいのって上まぶたでは?

 

ここのストレッチもできるので、これも朝起きたらそのままやっちゃいましょう!
軽く目を閉じた状態のまま、眉毛だけを上に引き上げてキープします。

 

目元のストレッチ

 

この、指で押さえているあたりの上まぶたがしっかり上に引っ張られているのを感じましょう。
眉間にしわが寄るとクセになるので、要注意です!

ストレッチ編!むくみ予防エクササイズまとめ

トップページへ