朝のむくみの原因&解消法

朝のむくみは食べて解消!時間帯から見るむくみの原因

朝鏡を見る女性

朝起きて顔や手足がむくんでいるとそれだけでテンションがた落ちですよね…。
特に目が腫れぼったくなっていたり、顔がむくんでいると「何とかして戻さないと!」と焦りはするけど、「どうして戻していいのかわからない…」ということが良くあります。

 

実は、朝のむくみの原因は前日の水分の摂取の仕方や排出が乱れることで起こっているのを知っていますか?
ですが、その乱れた水分バランスを朝食で解消することができて、むくみもすっきり解消する方法があるのでご紹介します!

朝のむくみを解消するには代謝を上げること!

「前日の飲み会で飲み過ぎた!」「塩辛いものを多べ過ぎて水分を摂り過ぎた!」という次の日は顔や手足が悲劇的なことに…。
こんな時に簡易的にむくみを解消しても体の中の水分バランスを元に戻さなければまたむくんできます。
そこで大切なのが朝食です!

 

朝食はその日1日の体の調節をするためにもとても大切ですし、全身の巡りを良くして代謝をあげ、むくみを解消するためにも必要な生活習慣です。
では、朝食でどのようにむくみを解消するのか説明していきますね♪

朝食で代謝アップ!

では、なぜ朝食を取ることで代謝が上がるのか簡単に説明していきましょう。
次のグラフは、「文部科学省 第3章生活リズムの確立と朝食」のページから抜粋したグラフです。

 

朝食摂取後の体温の変化を表したグラフ

 

このグラフから、朝食を食べた場合と食べてない場合では体温の上昇の違いに差が出るということが分かります。人は、寝ている間もエネルギーを使います。ですが、朝になるとそのエネルギーも底をつき、朝食をとらなければエネルギー補給ができないので代謝も上がりません。

 

また、寝ている間に休んでいた消化器官を起こすためにも朝食が必要です。朝食を取ると胃や小腸、大腸、肛門、食堂などの臓器が働き始めます。これらの器官は筋肉でできているので朝食を取ることで熱を発し代謝が上がるのです。
熱を発して代謝が上がると体温も上昇するのでその日1日動くための準備を始めます。

 

特に!お仕事や家事・育児では脳を使うので、必ず朝食を取りましょう!
ショッピングなどでも元気に買い物をしたいですから、1日動く体を作るためには朝食は大切です♪
代謝アップから少しお話がずれてしまいますが、とても大切なことなのでお話させてください。

 

脳を使う時に必要なブドウ糖は肝臓に蓄えられます。脳を使う時はブドウ糖からしかエネルギーを補充することができません。そのブドウ糖を貯蓄できるのは約12時間分だけです。

 

例えば、夜11時に就寝して次の日の朝食を抜いてしまうと、お昼まで脳の働きが弱まり仕事をしていても「ぼーっ」としてしまうことになります。子供に「朝はちゃんと食べなさい!」と私も言っていましたが、頭が働かないというくらいしか思っていませんでした。

 

でも、ブドウ糖が12時間しか蓄えることができないと聞いて納得です!脳が働かないと仕事をしていてもミスをすることもありますし、外での仕事をしている人は事故にもつながりかねません。
家事や育児をしていてもぼーっとしてしまいますし、せっかくの楽しい休日も脳が働かなければ楽しさ半減です。朝食は必ず摂ってくださいね。

朝食で排泄作用がアップ!

朝4時の時計のイラスト

 

夜中の4時〜正午までは体内浄化の時間帯!!

 

人の体では本来、午前中が前日の不純物や老廃物を排泄するための時間帯となっています。この排泄時間に排泄効果や代謝が上がる朝食を取ることで体内の余分な水分や老廃物を排泄して代謝が上がり、むくみも解消していきます。そして朝食をとると、消化器官が動き出すので排泄作用がアップします。排泄効果を上げるためにも朝食が必要になってくるんです。

 

更には、老廃物を排泄するとダイエット効果もあるので、是非参考にしてくださいね♪
では、全身の巡りをよくして代謝を上げ、排泄効果のある食べ物はどんなものなのでしょうか??

トイレの後の女性のイラスト

朝食に食べると代謝がアップする食べ物

朝食を食べればある程度代謝は上がりますが、どんな食べ物がより効果的なのか調べてみました。
自分のいつもの朝食と比較してみてくださいね!

野菜や果物で老廃物を排出しよう

野菜と果物の写真

野菜や果物は水分が多く、ミネラルも豊富ですから排泄作用があり、代謝も上がります。
更にはミネラルの一部である「カリウム」が体内の血液に含まれる塩分を尿と一緒に排泄する作用があるのでむくみ解消には重要な成分なんです^^
下記のグラフは文部科学省のデータをもとに、カリウムが豊富に含まれていて日頃摂取しやすいものをまとめたものです。

食品100g中のカリウム含有量のグラフ

グラフからも分かるように、野菜果物の中でもカリウムの含有量がずば抜けて多いのがなんとドライフルーツ!果物や野菜を乾燥することにより成分がギュッと凝縮されて、よりカリウムが効率よく摂取できるんですね♪ドライフルーツならヨーグルトに混ぜてもOK!手間をかけずに食べられるので忙しい朝にもピッタリな朝食メニューになるのでは?♪

野菜と果物の写真

更に果物の糖分は即効性のあるエネルギー源なんです!
こうしたことから、野菜や果物は老廃物を排泄して代謝を上げるには最適な食べ物と言えますね。
老廃物を排泄すれば、自然とむくみも解消できます♪

炭水化物やたんぱく質はお昼ご飯から

朝食を食べると代謝が上がるのなら、朝食は果物や野菜じゃんなくてもいいんじゃないの?
と思っていませんか?

 

「ちょっと待った!」

 

実は、朝食でも食べると代謝は上がっても排泄作用が下がってしまう食べ物があります!
それは、炭水化物やたんぱく質の多い食べ物です。

 

「炭水化物やたんぱく質って朝食のメインじゃない!」

 

とお怒りの声が聞こえてきそうですが、これ、本当なんです。

 

朝食でパンやご飯などの炭水化物やお肉などのタンパク質を取ると消化吸収を優先します。すると老廃物の排出という浄化作用が後回しになってしまうので、身体の浄化ができずにむくみが残ってしまう原因になるのです。ですので、朝食は先ほどの通り野菜や果物をメインとしたものに切り替えた方がむくみはすっきり解消できるんですよ^^

朝食前の朝風呂は危険!朝風呂は朝食後に!

野菜と果物の写真

最後に、むくみを解消する方法でもありますが注意が必要なので説明しておきます。
全身の巡りをよくするために朝お風呂に入るという人がいると思います。でも、朝お風呂に入るなら必ず朝食後にしてください!

 

朝起きて朝食を食べていない時は体温が低いので、その状態で温かいお風呂に入るとヒートショックを起こしてとても危険です。
朝、お風呂に入る時は、必ず朝食をとって体温が上がった後に入るようにしてください。また、食べてから1時間は消化器官に血液が集中するので、この時に入浴するのも危険ですから、食後1時間以上たってから入浴するようにしましょう。

朝食は体の基本!

私は朝食を食べないと体が動かないので、何も知らずに食べていましたが「朝食」はとても大切なものだったんですね。しかも、食べるものによって代謝が上がりやすくなったり排泄効果が上がるので、むくみ解消になったりダイエット効果まであるなんて、たかが朝食と侮っていました!

 

「午前中は体内浄化の時間帯」ということを人間の体は自然と行っていたのも驚きです。あとは自分が体内浄化に必要な「朝食」を取ることだけです。
これでむくみ解消になるならとても楽チンですし、身体も元気でいう事なしです!


トップページへ