季節のむくみとその原因&対処法

季節別むくみ対処法 | 春夏秋冬で一番夏がむくむ原因とは

むくみやすい季節があるって、知ってました?春夏秋冬、それぞれむくみの原因がちょっとずつ違うので、そちらも解明しちゃいましょう!

一番むくみの関心が高いのは、夏!

夏の暑い様子

単純に考えると、一番汗をかきやすい夏ってむくみとは無縁なイメージ。でも、夏が一番むくみやすいと言っても過言じゃないんです。

 

暑い季節だからこそ、冷房の効いた部屋にこもりがち、そして冷たいアイスや飲み物で涼んじゃう…。
汗だくになるほど、夏って汗をかかなくなりましたよね。
外はとても暑いのに、室内は涼しくて寒いくらいの場所もあります。
実はこれが、自律神経を乱すもとなんです。

梅雨から夏にかけての体調調査

グラフから見ても梅雨から夏にかけては体調の変化があるようですね。
自律神経は血圧や発汗、消化などを調節してくれる神経。これが乱れると汗をかきにくくなったり、体温の調節がうまくできなくなったりしちゃうんです。
夏になるとだるくなったり、食欲がなくなってそうめんやアイスばかり食べちゃったり、下痢や便秘になったりする人、いませんか?それ、自律神経が乱れていることが原因かもしれません。

夏のむくみの原因、詳しく解剖!

寒暖差

冷房

暑い戸外と、寒く感じるほど涼しい室内。出入りを繰り返して自律神経が乱れてしまうことが、夏のむくみの原因のひとつです。
また夏は梅雨の時期から体温調節がうまく働かなくなります。むくみだけでなく体の変化に対応できなくなるので注意が必要です。

 

体を冷やす食べ物

冷たい食べ物

暑いからとエアコンをガンガンつけたり、冷たいものをしょっちゅう口にして体が冷えすぎてしまうこともむくみの原因になります。体が冷えるということは、つまり内臓が冷えるということ
その結果、血行が悪くなり、夏なのに手足が冷えていたりといったトラブルが起きやすくなるので、むくみに近づいてしまいます。

 

体内の水分量

水分

また、夏は汗をかきやすい季節。汗によって水分が失われすぎないように、体は水分をなるべく貯めようと働いてしまうんです!
体の防衛機能である水分の貯蓄、なのに体はどんどん冷やされてしまう…。これも夏のむくみの一つなんです。

夏のむくみ、どう予防する?

夏は様々な原因で自律神経が乱れたり、むくみやすくなってしまいます。そうならないために、規則正しい生活をして夏のむくみ予防をしましょう。

 

睡眠方法を見直す

睡眠時には自律神経の一つ副交感神経が働いています。これを通常のリズムに戻すのが一番の方法。夏は暑くて副交感神経が乱れやすくなっています。

 

ポイントは寝られない夜でも部屋は冷やし過ぎず、おやすみモードなどを利用するようにしましょう。
また、気持ちよく寝付くために、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったリ、夜は部屋を明るくし過ぎないようにするといいですよ。

 

血行を良くする

むくみはやはり血行が悪くなっていることが原因ですので、お風呂やマッサージをして血流の改善を。
血行を良くする炭酸ガスの入浴剤は夏にとてもおすすめです!暑くてお風呂に入るのがおっくう方は、ぬるめのお湯や入浴剤にメントールやクール系を使うといいと思います。
その他に運動は血流改善になりますのでウォーキングやランニングをとりいれてみましょう。
運動は一番効果的です。

 

冷たい物の食べ過ぎ

それから、冷たい食べ物や飲み物はなるべく控えましょう。常温のものを食べたり飲むようにし、体を温める効果のあるしょうがや香辛料、ごぼう、かぼちゃといったものを食べるといいです。
よく噛んで食べるようにすると、食べ過ぎを防げるだけでなく内臓の温度が上がるので、冷えを体の内側から改善してくれます。

 

 

夏だけじゃない!季節別むくみの原因・春編

春のイメージ桜の木

春はポカポカ陽気で気持ちいい季節。でも、季節の変わり目で自律神経が乱れやすい季節でもあります。
春と言っても常に温かい日ばかりでなく、急に寒くなったりもするため、自律神経が乱れやすいんです。また、春は入学やクラス替え、入社、異動など、身の回りの環境が一新しやすい季節。

 

春はストレスを感じやすい季節

春は新しいことが始まる季節。つまりストレスを一番感じやすいので、その結果血管が委縮して血行が悪くなり、むくみにもつながりやすい季節なんです。ストレスをなるべく感じないでいられるよう、ストレス発散となる運動を始めてみたりするのも、冬あまり動かなかった体を温められて一石二鳥!
また趣味に打ち込むなどリラックスするように心がけることも、大切です。

 

 

季節別むくみの原因・秋編

秋のイメージ柿

春と同様、季節の変わり目である秋は、急に冷え込む時期でもありますよね。ですが夏の次の季節だからこそ、まだまだ日中が暑いことも多く、気温差が激しい上に乾燥しやすい季節です。

 

乾燥に注意が必要

乾燥はつまり、水分が足りていないということ。夏に引き続き体内に水分をためこみやすくなってしまってるんです。
また、秋は特に朝晩が寒くなるので、冷え防止のため温かくして寝るようにしましょう。

 

 

季節別むくみの原因・冬編

冬のイメージ雪だるま

ブーツを履くことも多くなるこの季節、むくみには敏感になりますよね。冬はあまり水分をとらなくなる季節でもあるので、体に水分が不足するだけでなく、老廃物などがとどまりやすくもなっています。

 

代謝機能が低下しやすい

また寒い季節だからこそ、体は代謝を上げて体温を下げないよう頑張ってくれるのですが、頑張りすぎて代謝機能を酷使し、自律神経が乱れてしまうことにも。
風邪などで体力が落ちてしまうと、逆に代謝も一緒に落ちてしまって冷えへとつながってしまうんです。
なるべく水分補給を意識しておこなうこと、そして体を温めてくれる温野菜をよく食べることで、冷え防止、むくみ防止ができますよ。

トップページへ