妊娠中のむくみの原因は?

妊娠中のむくみ

妊娠期のむくみを引き起こす要因は主に2点挙げられます。

 

胎児への栄養供給をスムーズにするために、血液中の水分(血漿)が増加するため

 

妊娠中期〜後期において、胎児の成長に伴う体重増加により、下半身の太い血管が圧迫されて起こる血行不良のため

 

妊娠中は、むくみの原因となる「体内の水分量の増加」と「血行不良」が起こり、むくみやすい状態となるのです。つまり、妊娠期のむくみは、妊娠中の身体の自然な反応であるといえます。実際に、妊娠中のむくみは約6〜7割程度の妊婦が経験する身体の反応で、医学的にも異常な症状とされていません。さらに、軽度であれば胎児への影響はないと言われています。逆に、必要以上に気にして極度の食事制限をする方が、胎児の健やかな成長の妨げとなりえます。

 

但し、一晩寝ても収まらないなど、重度のむくみを発症している場合や、むくみ以外の症状を併発している場合などは対処をする必要がある場合もあるため、診断医の判断を仰ぐようにしてください。

妊娠中に起きるむくみはどのように解消するのか?

妊婦のイメージ画像

前章で、妊娠中のむくみの原因の1つに、血液中の水分量が増加していることを挙げました。

妊娠中の血漿量の変化を表したグラフ

図1は、妊娠により血漿(血液中の液体成分)が変化する様子について、国立循環器病研究センターのグラフをもとに作成したものです。
このグラフを見ると妊娠中血液中の液体成分は妊娠後期までに平均して50%も増えていることが分かります。
もちろん妊娠中の血漿量の増加は、胎児への栄養供給や、分娩時の急激な出血に耐えられるようになっていたりと妊婦にとってとても大事な事です。

 

このことから分かるように妊娠中の血液は元々流れやすいサラサラの状態です。
なので、「流れやすい血液にする」というアプローチはむくみ解消に大きな効果を発揮するとは言い難いでしょう。

 

つまり、妊娠中のむくみを解消するためには、「血液そのものを流れやすいものにする以外の方法」で「血行を良くする」ことが必要になります。それには以下のような方法が挙げられます。

規則正しい生活を送る

規則正しい生活のイメージ画像

 血液の流れを司る自律神経は、不規則な生活習慣(睡眠時間、食事頻度・内容、ストレス等)によって乱されます。規則正しい生活を送ることは、自律神経の乱れを防ぎ、正常に働かせるのに非常に重要です。

下半身を使った運動

 

身体の中の水分(血液)は重力に従い、下半身に集まります。これを上半身に送り返すのがふくらはぎの筋肉の役目。ウォーキング等でふくらはぎの筋肉を鍛え、血液の流れを助けます。
これに加え、普段の生活で以下の点に注意することで、むくみの症状の深刻化の予防に繋がります。

塩分の過剰摂取を避ける

こちらご覧ください↓

 

妊娠期 初期 中期 後期
エネルギー(kcal/日) 推定エネルギー必要量
+50 +250 +450
栄養素 推奨量
タンパク質(g/日) +0 +10 +25
ビタミンA(μgRAE/日) +0 +0 +80
葉酸(μg/日) +240 +240 +240
ナトリウム(mg/日)
鉄(mg/日) +2.5 +15 +15

 

この表は、厚生労働省より日本人の食事摂取基準(2015年版)<妊婦・授乳婦>をもとに作成したもので、
正常な分娩をするために余分に摂取すべきと考えられるいくつかの栄養素を妊娠期別に付加量(推奨量)として表したものです。

 

表からも分かるように、妊娠中は一部の栄養素を除き、ほぼすべての栄養素の必要量が増加します。とくにエネルギー(カロリー)は、妊娠後期には男性並みになるほどです。
一方で塩分摂取量(ナトリウム)の上限は増えないため、単純に食事量を増やすと、相対的にNa(≒塩分)過多となるため、これまでの味付けより薄味にする等、塩分制限をする必要があります。どうしても薄味が苦手で必要な栄養素を摂りきれない人は、不足分をサプリメントで補いましょう。但し、サプリメントは妊娠中も飲用できるものを選ぶようにしてくださいね。

 

塩とスプーンのイラスト

鉄分など造血に関わる栄養素をしっかり摂る(とくに貧血気味の人)

貧血気味の女性のイメージ画像

 

妊娠中は血液量が増加することに加え、胎児の造血も加わり、平常時より多くの鉄分が必要になります。鉄分不足や貧血は血流の悪化を招くので、意識して摂取するよう心がけましょう。

 

しかしとくに妊娠初期は、悪阻などで普段どおりの生活をおくること自体が難しく、ストレスのたまりやすい状態です。上述のとおり、軽度のむくみは胎児に影響がないとされているので、無理にむくみを解消する努力をするよりも、心身ともに健やかに過ごすことを優先してください。

それでも気になるときは…

リラックス足のイメージ画像

むくみを引き起こす原因が妊娠そのものである以上、妊娠中のむくみは根治を狙うのがなかなか難しい症状です。そのため、むくみそのものが気になる人は、対処療法で一時的にむくみを解消する方が無難でしょう。
その方法としては、マッサージや足湯、着圧ソックスや足枕の使用等が挙げられます。
着圧ソックスは、妊娠時に使用できるもので、サイズの合うものを選びましょう。とくに妊娠中はサイズが変わりやすいので、その時々で締め付けが強すぎないか確認してください。使用の際は着用時間等の表示は必ず守るようにしましょう。

 

また、足枕も長時間の使用は禁物です。足枕は足の血液を上半身に流しやすい一方で、足先に血液が回りにくくなるというデメリットもあります。そのため就寝中の使用は避け、使用時間は15〜30分程度に収めましょう。使用のタイミングは血流が良くなる入浴後がおすすめです。足枕がなければクッションや畳んだタオル(高さ15〜20cm程度)などを利用しても良いですよ。

妊娠中・授乳中に飲めるむくみサプリは?

公式ページに「妊娠中・授乳中は飲まないで」といった注意書きがあったファンケルときゅきゅっと小町。

 

妊娠中や授乳中でも安心して飲める安全性の高いむくみサプリはあるのか?
人気のむくみサプリを徹底的に調べるべく、むくみサプリの販売元9社に電話で聞いてみました!

 

商品名 評価 コメント
するるのおめぐみ

「妊婦さんが飲む葉酸サプリや鉄分サプリとの飲み合わせも大丈夫です。妊娠中毒症でも大丈夫。心配な時はお医者様に相談して下さい。」

電話で女性が詳しく説明してくれました。

スラリ

 「妊娠中・授乳中は控えた方が良いと思います。お医者様に相談してから飲むことをおすすめします。」
スラリーフ

「妊娠中・授乳中でも大丈夫ですが、心配な時はお医者様と相談して下さい。」

珍しく男性が対応。

むくらっく

 「妊娠中・授乳中でも大丈夫ですが、心配な時はお医者様と相談して下さい。」
きゅきゅっと小町

×

 「妊娠中・授乳中はお医者様と相談してからにして下さい。」

公式ページに妊娠中・授乳は控えるよう明記されている。

マロニエ&メリロート

×

 「おすすめできません。お医者様に相談してから飲むことをおすすめします。」
スイカデトックスナビ

 「妊娠中・授乳中でも大丈夫ですが、心配な時はお医者様と相談して下さい。」
ファンケル

メリロートキュットレスト

×

 「妊娠中・授乳中はお控えください。」

公式ページに妊娠中・授乳中は使用不可と明記されている。

DHC

メリロート

 「授乳中は大丈夫ですが、妊娠中は控えて下さい。」

安全性=メリロートの有り無し?

問合せしたところ、メリロートを配合しているむくみサプリが見事にNGという結果に。

 

妊娠中NGのメーカに、
「メリロートが刺激が強いから?」と聞いたところ

 

「この成分が妊娠中・授乳中に良くない、と特定は出来ない」

との回答でした。

 

でもここまでキレイに結果が分かれていると、やはりメリロートが入っているかどうかで安全性が左右されるのでは?と感じてしまいます。

 

「妊娠中・授乳中は控えて」と注意書きがなくても、電話で問い合わせたら「控えた方がいい」と回答があったサプリもありました。妊娠中は身体が敏感になっているので、刺激が少なく安全性が高いむくみサプリを選びましょう!

トップページへ