冷え性が原因?冷えとむくみの関係

むくみは冷え(冷え性)が原因?

むくみと冷えの関係

まずはこちらのデータをご覧ください↓

 

(青)冷え (赤)冷え性(黄)むくみ
のアクセス数をグラフにしたものです。

google検索結果表

冷えは冬と夏、冷え性は冬、むくみは夏場、とそれぞれ全盛期が違いますが、むくみ+冷えを同時に発症している人は夏場が多くいることがわかりますね。

 

女性を悩ませる冷え・冷え性とむくみは、同時に引き起こしやすい身体の不調のひとつです。そのためこれらに年中悩まされているという人は数多くいます。
なぜ、冷え・冷え性とむくみは同時に発症しやすいのでしょうか。そして、これらの間にはどのような関係があるのでしょうか。

女医のイメージ写真

冷えとむくみのメカニズムを考えてみると、ひとつの原因に共通点があります。その原因というのが「血行不良」
つまり、冷え・冷え性とむくみはどちらも血行不良によって発症する症状であるため、併発することが多々あるのです。
むくみはこの他にも原因がありますが、冷え・冷え性を併発している場合、血行不良が原因のひとつであることはほぼ確実です。
このように、併発している症状は、ときに身体の不調の根治のための重要なヒントとなります。

なぜ、夏にむくみと冷えが発症するのか

冷えを感じる女性のイラスト

夏のように血行が悪くなりにくそうな時期であっても、冷えとむくみが併発する人は少なくありません。なぜなら、夏には夏の「冷える原因」が潜んでいるからです。

 

冷房を強めにかけたり、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂っていると身体が冷えてしまいますよね。
身体が冷える…つまり血管が収縮した状態が続き、体温の調節機能が正常に働かない(自律神経の乱れ)と、血行悪化が慢性化してしまうのです。

 

さらに夏は熱中症対策として、水分や塩分を意識的にとることが必要とされていますね。しかし、冷房の効いた室内で必要以上に水分・塩分を摂っていては、本来汗で出ていく分が出て行かず、身体の中に多量の水を保持することになります。このように、夏にも血行不良と多量の水分という、むくみが発症しやすい環境が揃いやすいのです。

 

※適度なクーラーの使用と水分・塩分補給は熱中症対策に効果的です。むくみを過剰に意識し、クーラーの使用や水分・塩分補給を極端に減らすことはしないようにしてください。

むくみと冷えの症状の改善に必要なのは?

夏のデスクワークスタイルの女性

むくみと冷えの両方の症状改善には、まず前項で挙げたような原因を取り除くことが必要です。仕事場のように、空調の温度を変えられない場合には、ストールや薄手のカーディガンを羽織るなどして、冷やさない工夫をするように心がけましょう。また、キンキンに冷えた食べ物・飲み物ばかり摂るのは控えることをおすすめします。

生姜のイメージ写真

身体を冷やす環境を冷やしにくい環境に整えたら、血行改善に繋がる食事・生活習慣を身につけましょう。

 

血流は自律神経の乱れや血管の収縮によって悪化しますが、その他に女性ホルモンの乱れ、貧血、筋力不足、血液中の赤血球・白血球・血小板等の質・量の異常(いわゆる「ドロドロ血液」の状態)によっても起こります。そのため、まずは身体を温める成分(ショウガオール等)や、自律神経をととのえるはたらきのある栄養素(ビタミンE、B12等)を含む食品を食事に取り入れていきましょう。

 

自律神経は不規則な生活によっても乱れてしまうので、規則正しい生活を心がけることも重要です。また、貧血症状のある人、運動習慣のない人など、他に血行悪化の原因がある人はこれを改善することも冷えやむくみの解消に繋がります。

ハーブティーのイメージ写真

むくみの改善方法には血行改善・排尿による過剰なナトリウムの排出などがありますが、冷えが併発している場合は血行の悪化が原因であることが多いので、このうち血行改善がより有効です。
そのため、冷えとむくみの解消に漢方薬やサプリメント、お茶等を利用する際は、むくみ改善を目的とするものよりも、血行改善効果のあるものを選ぶと良いでしょう。

 

冷えの症状が治まってもむくみが続く場合は、血流悪化に加え、体内に余分な水分が保持されている可能性があります。その場合は利尿作用のあるお茶やコーヒー、フルーツなどを積極的に摂るようにしましょう。

研究女性のイラスト

なお、入浴やマッサージは一時的に血行を良くし、むくみや冷えを緩和するので、症状が酷いときには有効な方法です。しかしこれらはあくまで対処療法だということをお忘れなく・・・!
症状の根治に最も必要なことは原因を絶つことですね!!

トップページへ