ストレスとむくみの関係&解消法

ストレスとむくみ 統計データから見るむくみの原因

むくみで悩む女性

はじめに、むくみの原因というと、立ち仕事やデスクワークによる血流の停滞など、直接的な要因ばかり考えてしまいがちですよね。
でも、さらにその原因を探っていくと、ストレスにいたるといわれています。
現代病の殆どはストレスが源などともいわれますが、むくみもまたストレスが原因で引き起こされていると考えられるらしいのです。
ということで、今回はストレスとむくみの関係をみていきますね!

ストレスは万病の元!

まずは、ストレスがいかに私たちの身体を蝕んでいるかをみてみましょう。

部位 主な症状
呼吸器系 気管支喘息、過喚起症候群
循環器系 本態性高血圧症、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)
消化器系 胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、心因性嘔吐
内分泌・代謝系 単純性肥満症、糖尿病
神経・筋肉系 筋収縮性頭痛、痙性斜頚、書痙
皮膚科領域 慢性蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症
整形外科領域 慢性関節リウマチ、腰痛症
泌尿・生殖器系 夜尿症、心因性インポテンス
眼科領域 眼精疲労、本態性眼瞼痙攣
耳鼻咽喉科領域 メニエール病
歯科・口腔外科領域 顎関節症

表1 ストレス関連疾患(心身症)

こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトより

 

こちらは、厚生労働省運営のメンタルヘルスサイトです。こちらのストレス関連疾患をみてください。
神経・筋肉系はもちろん、呼吸器系、消化器系から皮膚科領域まで、様々な病気、症状がストレスに起因しているとみられています。

 

呼吸器系では気管支喘息や過喚起症候群、循環器系では本態性高血圧症など、ストレスによって色んな症状があるようです。
例えば、泌尿器・生殖器系の夜尿症、心因性インポテンスというのは納得ですね。

 

子供も男性も繊細な生き物、ストレスの多い現代生活では、子供がのびのび育つのも、男性が男性らしくあるのも、難しいことみたいです。まさに、ストレスは万病の元なんですね!

ストレスとむくみの関係は?

では、私たちの敵、むくみはどうなんでしょう?
注目して頂きたいのは、循環器系の本態性高血圧症。というのは、この本態性高血圧にはむくみの症状がでるからなんです。
そこで今度はこちらをみてみましょう。日本成人予防協会による「高血圧とは?」というサイトです。

 

特定非営利活動法人日本成人病予防協会より

高血圧の原因

  • 肥満体質
  • 飲酒、たばこ
  • 自律神経の乱れ
  • 塩分摂取が多い

 

自覚症状

  • めまい
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 息切れ
  • むくみ

 

こちらにも、高血圧の自覚症状として、頭痛、めまい、肩こり、動機、息切れ、耳鳴りに並んで、むくみがあげられています。通常、身体を動かしたり、寒さを感じたりすると血圧は上昇します。
ですが、一時的な上昇は、高血圧とは言いません。ここで言う高血圧は、慢性的に、そして正常値よりも高い状態を高血圧と言います。上記によると、ストレスによって高血圧が引き起こされ、その症状の一つとしてむくみがあるとのこと。
高血圧というと体内の血液がドロドロに滞留しているイメージですが、そうした弊害が下半身のむくみにも繋がっているのかもしれません。恐るべし、ストレスというところですね。何とか解消したいものです!

みんなはこんなにストレスを感じてる!?

では次に、私たちがどんなことにストレスを感じているのかについてみてみましょう。資料はこちら、「グラフでみる世帯の状況」という厚生労働省の調査です。

性別・年齢別 悩みやストレスがある者の割合

厚生労省国民生活基礎調査より

 

これをみてみると、悩みやストレスのある人の割合は、全ての世代で女性の方が多いのが分かりますね。やはり、女性の方がストレスを感じやすいのでしょうか。男性はストレスがあってもそれを認めないのかもしれませんが、数値としては女性の方が大きいですね。

 

特にストレスを持つ人の割合が高いのが、女性の30代、40代、50代。
30代女性59.6%、40代女性59.7%、50代女性57.9%という数字になっています。

 

いわゆる中年期の女性が最もストレスを感じやすいということなのでしょうか。女性の場合、加齢に伴う心痛、心労が男性より大きいのかもしれません。また、身体的にも、妊娠、出産、育児といった未知の状況に対応していくのは大きなストレスになりますよね。

ストレスの原因は?

こうした年代の女性達のストレスの原因としてあげられているものがあります。

  • 自身の仕事
  • 収入、家計、借金等

ストレスの原因として「仕事」をあげている人は男女共に40代がピーク。30%近くが原因としてあげていますが、以降は低下しています。「収入、家計」も似た傾向で、40代をピークに以降は下降している傾向。
逆に、「自分の病気や介護」に関するストレスは年齢と共に増え、50代後半くらいから男女共に伸びを見せます。これは自身の病気と介護の両方によるストレスが重なった結果

 

やっと仕事や経済面が落ち着いてきてストレスから解放されたと思ったら、今度は自分の健康と親や舅姑の介護ストレスに見舞われるということです。
うーん、人生って厳しいですね。

性別別 悩みやストレスの内容

特定非営利活動法人日本成人病予防協会より

 

特に、女性の場合、自身の病気に加え、介護のストレスが大きいようです。
表をみると、女性の場合、介護を必要としている人と同居していると、ストレスの最大要因は「家族の病気、介護」となっています。やはり、介護を必要としている人との同居では、主力となって働く女性のストレスが大きくなるようですね。

 

病気と介護のストレスというのは、むくみにとっても負担が大きいもの。
体調が崩れると、体液のバランスが崩れやすくなります。また、介護というのは行動を制限されるため、運動不足になり、血流の不全を招きやすくなるのです。
介護中も、適度な運動とリラクゼーションでストレスの解消をはかりましょう!

ストレスとむくみ、解消法は?

笑っている女性

ストレスがむくみやその他の症状の原因になっていることは分かってきましたね。
では、どんな対策をすれば良いのでしょうか?
勿論、一番良いのは、ストレスの源を取り除くことです。お金がないことがストレスの原因になっているのなら、がっぽり儲けること。って、そんなこと簡単にできるわけありませんよね。

 

現実的な対策として、入浴方法を工夫したり、ストレッチをしたりして、身体をほぐしながら隅々まで血流をいきわたらせてあげることです。
ゆったりした入浴法で身体を温めたり、ストレッチで身体を伸ばせば、ストレスも軽減しますし、むくみも改善されますよ!

 

その他ストレス解消方法

美味しい料理を食べる

人は食事の時、セロトニンという幸せ物質が分泌しているって知ってました?そのセロトニンを作り出すのに必要な栄養素トリプトファンは食べ物から得られるので、自分へのご褒美に美味しいものを食べましょう。
注意として、ジャンクフードやどんぶり飯などはNGです。塩分量も高く、高血圧を悪化させてしまったり、より不健康になってしまいます。

 

声を出す

文字通り、言葉にして吐き出すことでかなりストレスは解消されます。声の出す場面は様々あり、一人カラオケや同じ悩みを持つ人達の集まりに参加したり、友達とお食事なんかもいいですよ。
1人でいるより複数の方が笑顔も増えて、ドーパミンという快感物質が放出されますのでおすすめです!

トップページへ