目のむくみ原因と解消法

目のむくみ編!部位別の浮腫む原因&解消法

目のイメージ図

むくみたくない部位の第一位が、もしかしたら目かもしれませんね。体と違って隠せないし、顔は女性にとってかなり重要な場所。
メイクもしにくくなるし、目はむくみたくないのにむくみやすい、厄介な場所とも言えそう。

目のむくみ、どうして起こる?

目の周りは皮膚が薄い

目の周りってかなり皮膚が薄い場所で、特にまぶたは頬の皮膚の3分の1の厚さしかないんですよ。皮膚が薄ければその分、むくみは表れやすくなっています。
薄いからとってもデリケートな場所なのに、目はかなり酷使してるのが現代ならでは。

目を使い過ぎ

例えばパソコン、タブレット、スマホ。テレビやゲームも、目を酷使して疲れさせてしまいます。目の疲れは巡りを悪くし、目元の血流やリンパの流れが悪くなることにつながります。

メイクやクレンジング

女性はメイクをすることで、その分目元は刺激されちゃうんです。
更に、メイクの後はクレンジングも必要。目元専用のクレンジングも出ていますが、面倒でついゴシゴシ落としているという人、いませんか?
クレンジングは刺激が強いのに、力いっぱい落とすと余計に負担を与えてしまうんです。
刺激は腫れとなって表れ、それがむくみと捉えられてるんですね。

まだまだある!目のむくみの原因

泣いている女性

泣いた翌日、目がむくみのせいでパンパンになっていたこと、きっと誰でも経験してるはず。これ、泣いたせいじゃなく、泣いて目をこすったことが原因なんです。
また涙で水分が出ていって乾燥したから、より水分を溜めこもうとしてむくみにつながる、という面も。

 

枕ナシで寝ていたり、うつ伏せで寝たり、枕が低すぎるのも、むくみの原因になりますよ。水分は低いところに溜まるので、寝ている最中に水分がゆっくりと頭のほうへ溜まっていくと、皮膚の薄いところはその影響をまるっと受けてしまって目が浮腫む、というわけ。

 

その他にも、塩分の摂り過ぎやお酒の飲み過ぎで水分が足りなくなるといった、全身のむくみの原因になることは、目のむくみにももちろん関係アリ。
むしろ全身のむくみの原因になるようなことは、皮膚の薄い場所である目にこそ特にむくみとして出やすい、とも言えます。

目のむくみ予防、解消の方法

目のむくみは、塩分を控えたり運動不足を解消したり、という事も大切だけど、それ以上にケアや対策が必須。皮膚が薄い分むくみに直結しやすいからこそ、デリケートだという事を常に頭に置いておきたいものです。

 

目を休める時間を作ること

目を閉じている女性

まずは、必要以上にスマホやタブレットなどを見続けないようにし、目の疲れを避けること。
パソコンを長時間使うようであれば、外の風景を時々見たり、1時間置きに10分程度パソコンから離れて休憩をとる、また目薬をさす、というのも効果的。

 

休日はノーメイク

メイクはNGのイメージ

メイクはむくみ対策としては避けたいですが、避けられないですよね…。だから、休日はなるべくメイクをせず目元を休めましょう。

 

マッサージをしよう

顔をマッサージする女性

目元のリンパマッサージも、翌朝むくみ知らずの目であるためには効果大です。ただし何もつけない状態でのマッサージや、強い力でするのは厳禁。
スキンケアの時にマッサージすると肌の血行が良くなるので取り入れてみて下さい。

 

水分補給

水

水分を溜めないようにと、寝る前の水分補給を避ける人もいますが、睡眠中って汗をかくことで水分を排出しているので、体に水分が足りてないと汗もかきにくいどころか余計に体内に貯めこもうとしてしまいます。だから、寝る前もコップ1杯分、常温の水を飲むようにするのもいいですよ。

 

そして、もし泣いてしまったら翌日のむくみ予防のために、まずは涙を流すだけ流しちゃいましょう。絶対に目は触らず、後で涙だけ拭き取ってください。
泣いた後の目元は乾燥しているので、しっかり保湿してあげるのも忘れずに。

 

いかがでしたか。目は日常で一番動かしている部分なので浮腫むと大変です。特にまぶたが浮腫むと一日がおっくうになってしまいますよね。まぶたについて詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

まぶたのむくみ

トップページへ