足首のむくみ原因と解消法

むくみ 足首編!部位別の浮腫む原因&解消法

屈伸する女性

立った状態からしゃがみこめますか?お尻を床に付けずにかかとが付けば合格。
もしかかとにくっつくまで出来なかったり、途中でゴロンと尻もちをついてしまったなら、足首が硬いってコトになりますね。足首が硬いと、むくみの原因にもなるんですよ。

足首のむくみ、どうして起こる?

足首が硬いとなぜむくみの原因になるんでしょう?足首は、地面を蹴り上げる時に使う場所。
足は筋肉を使って心臓のポンプ機能のように働いて、下半身に水分がたまらないようしてくれる効果があります。
その主だった筋肉があるのが、ふくらはぎですが、足首はその真下にある場所!
ふくらはぎと足首は、つながってます。

 

そして地面を蹴ってくれるのは足首の働きのおかげなので、ふくらはぎが硬くなったり使われないと、足首だって同じように硬くなってあまり使われなくなってしまうんです。
筋肉が硬くなれば関節なども動きにくくなり、その結果血流などの巡りが悪くなっていきます。
これが、むくみとなる理由。
もちろん、塩分の摂り過ぎといった全身のむくみの原因になることだって、足首にも同じように言えることです。

まだあった!足首のむくみの原因

ジーンズを履く女性

足首がスラっとしてると、それだけで女性らしく見えるもの。ダボっとしたパンツやジーンズでも、細い足首を見せて穿くと一気にあか抜けて見えたりしますよね。
着やせのポイントとしても、一番細い足首を見せることで全体が細く見えるらしいですし…。
特に女性にとっては、足首が常にほっそりしてることって重要ポイントな気がします。それでもむくみやすいのが、足首。

 

実は、こうしたファッションもむくみの原因になっているんです。

夏はサンダルやパンプスを履くことが多くなって、足首は割と出してる人が多いですよね。
そして、さっき挙げたような着やせやファッションポイントとしても、足首をすらっと出してると、足首は冷えやすくなる。
すると血液やリンパの流れは滞ってしまい、老廃物や水分がなかなか流れなくなって、むくみにつながるのです。

足首のむくみ予防!足首を硬くさせない方法

ストレッチ、柔軟体操

足首は柔らかくないと、むくみになるので運動不足を解消しましょう!
と言いたいところですが、足首が硬いまま運動を取り入れても、歩き方が変になったり足の変形を起こしかねません。
だからまずは、ストレッチや柔軟体操から始めましょう。足首を柔らかくするためなので、足首を重点的に伸ばしたり動かすことが大切です。

ヒラメ筋を鍛えよう

ふくらはぎとアキレス腱の深部にある筋肉、これがヒラメ筋。ヒラメ筋を鍛えることでリンパの流れも改善し、冷えの防止にもなります。

ヒラメ筋の部分説明図

  • つま先立ちをする
  • 上下に動かす

これを繰り返し行いましょう。最後にアキレス腱伸ばしをしてほぐしてくださいね。

 

歩き方を意識しよう

また、歩き方を意識するだけでも足首はしっかりと運動してくれます。
足首は硬くなりやすいので正しく歩けば、足首はしっかり働き、むくみ解消になりますよ。

歩き方のコツ

  • 背筋を伸ばして、顎を少し引きましょう。
  • かかとで地面に着地。
  • つま先で地面を蹴る。

この繰り返しです。

 

また高いヒールも極力控えましょう。ヒールを履き始めたは、つま先とヒール部分が同時に着地する、鶴のような歩き方になってませんでしたか?
私の地元は雪国なので、雪道を歩くのはこの方法がベストなんですけど、足首は全く使われていない歩き方なので、むくみを予防・解消したいのなら避けたいところ!

おすすめの靴

  • 3センチくらいのヒール
  • スニーカー
  • フラットシューズ

足裏がペタンと地面に触れている靴を選ぶといいですよ!

足首のむくみ予防!足首を冷やさない方法

露出が少ない服装

足首が冷えやすい服が多いのも、原因のひとつ。だから、なるべく足首は見せない!覆う!ということに気を付けたいですね。

冷やさない服装

  • 羽織を持ち歩く
  • 長めの靴下
  • ズボンなど露出が少ない服

 

食事やサプリから栄養補給

冷えないように温かい食べ物や飲み物を口にしたり、むくみ解消サプリを飲んだりするのも、もちろん効果がありますよ。

おすすめ栄養素と食べ物

  • ビタミン(プレーン、かぼちゃ、鶏肉)
  • ミネラル(ひじき、納豆、大豆)
  • タンパク質 (卵、牛肉、乳製品)

いかがでしたか。足首を動かすよう意識したり、靴や服装に注意をすればむくみはかなり解消されます。
是非少しずつ取り入れてむくみ改善をしていきましょう!

トップページへ