足の痛みを感じる人を徹底調査!

痛みあり66%!むくみアンケートから見る足のむくみの影響

ブーツ

立ちっぱなしや、長時間ヒールを履いていると足がとてもむくみますよね。
中にはむくみだけではなく痛みがある人もいます。

 

痛みが伴う場合、仕事どころではなくなってしまいますし、遊んでいても全く楽しくありません。
我慢大会のようなものです。

 

日本女性心身医学会雑誌の研究で実施したむくみアンケートでは、痛みがあると答えた人がなんと66%もいました!

 

どんな人がむくみに痛みを伴いやすいのか、朝と夕方でどれくらい痛みが増しているのか、どんな解消法があるのかなどをお話していきましょう。

生活に影響が出るほど痛いという女性も!

「日本女性心身医学雑誌」が実施したアンケートによると、足の疲れで生活が不便に感じる人が59.5%。
むくみで生活が不便に感じる人は、さらに多い64.7%もいることがわかりました。

 

足のむくみや疲れが原因による不快感

・足が痛い
・重い
・だるい
・きつい
など痛いだけではなく様々な不快感を感じている人が多いようですね。

むくみと同時に痛みを感じるのはどの部分?

足のむくみ

アンケートの中に、特にどの部分にむくみや痛みを感じるのかという問いがあり、特に多かったのがふくらはぎや土踏まずでした。
靴を履いている足の甲や足首などもむくみや痛みがあるようですね。

 

足が疲れたと感じている女性はむくみより痛みの方が辛いということもわかりました。
足が疲れる原因は色々ありますが、立ちっぱなしが多い人やヒールを常に履いている人は、特に足が痛いと感じるようなので、靴に工夫が必要かもしれません。

 

でも、どうしてもヒールを履かなくてはいけないという場合もあるので、なかなか痛みやむくみを毎日すっきり解消させることができないのも辛いところですね。

痛みを感じる人は長時間立ち仕事をしている人に多い

立ち仕事とデスクワーク

仕事内容に関して言うと、足に痛みを感じる人の多くは長時間の立ち仕事をしている人。
デスクワークの女性と比べてもその差は歴然です。

 

アンケート結果を見ても、デスクワークの女性と立ち仕事をしている女性とではむくみも、痛みも立ち仕事をしている女性の方が3倍ほど高くなっています。

 

デスクワークの場合、足の痛みはさほどないとしても歩くことが少ないのでむくみは立ち仕事よりあるのではと思ったのですが足の疲れからくるむくみが原因で立ち仕事の方がむくんでしまうようです。

 

ということは、休日の過ごし方も常に立ちっぱなしや歩きすぎは良くないので、適度に休憩して足を楽にしてあげることが大切だということですね。

朝と夕方でどれくらい痛みが違うか

勤労女性における下肢のむくみと疲労に関するグラフ

 

アンケート結果を参考にして足が痛いと回答した女性の午前と午後でどれくらいの差があるのか数値で表した表があります。
ちなみにこの数値は「まったく痛くない」を0、「今までで一番痛い」を100として、現在の痛みがどれ位なのかを自分で評価する方法で出しています。

 

ふくらはぎの痛み 午前10→午後40

 

足首の痛み 午前14→午後37

 

土踏まずの痛み 午前12→午後45

 

となっており、他の冷えやむくみなどの足の不快感と比べても、痛みに関する数値は午前と午後ではとても差があり数値も高いものでした。

 

40前後ってなかなかの数値だというのがわかりますよね。
これは次の日までに、なかなか痛みは改善されないだろうレベルです。
それでも、1日は始まりますから正直辛いところです。

 

少しでもむくみや痛みを解消するためにマッサージをしたり少しの時間だけでもスニーカーに履き替えるなど対策を取っている人もいると思います。
そこで一つ、足のむくみや痛みを解消する便利なグッズをご紹介しておきましょう。

むくみ・痛みを解消する着圧・弾性ストッキング!

痛みに関する数値は、朝夕ではとても差があり数値も高めです。そして立った状態が長く続くことで痛みが出やすくなります。
要するに朝きちんと対策をすれば痛みを軽減できる可能性大ということです。

 

その対策が弾性着圧ストッキングを履く。

着圧ストッキング

大学生を対象に実施された調査で浮腫み・疲労抑制効果を実証済みですし、静脈還流増加&疲労物質の代謝UPに優れていることから震災時のエコノミー症候群対策にも話題になりましたね。

 

また、夜時間に余裕がある方にはマッサージやストレッチもおすすめです。
お試しあれ〜!

足の痛みはその日に解消すること!

足の痛みやむくみは、その日のうちに解消しなければ翌日、さらにむくみ、さらに痛くなる、または痛くなる時間が早くなることになります。

 

おすすめむくみ改善

・着圧、弾性ストッキングなどのグッズを使う
・マッサージ、ストレッチをする

 

足のむくみ解消にはリンパの流れをよくすること!
着圧、弾性ストッキングなどのグッズを使うとむくみや足の痛みが軽減し、その日のうちにすっきりむくみも解消されますよ。
またマッサージやストレッチも血流の流れが巡りやすくなりますので取り入れてみて下さい!

 

普段と違う日は注意!

・普段しないような足に負担のかかることをした
・いつも違う靴を履いていた

 

いつもと違うことをした日はマッサージやストレッチではむくみや痛みが解消されない時があります。
この場合は、半身浴をするなどして体のゆっくり休ませましょう。
自律神経を整え、体をリラックスさせることが大切です。

 

良い睡眠でむくみ解消

・痛みのある箇所にシップを貼って寝る
・足首の所に座布団を置く

 

寝る時に足が痛い、むくみがひどくて寝れないという時は、足の位置を少し高くして寝ると血流が心臓の方に流れていくのでとてもラクになってぐっすり眠れます。
質の良い睡眠はむくみ解消になりますので朝、むくみを残さないためにも痛みやむくみがひどい時はやってみてくださいね。


トップページへ

関連ページ

足の倦怠感やだるさを感じる人を徹底調査!
最近足の倦怠感やだるさを感じていませんか?それは足のむくみの影響かも?こちらでは日本女性心身医学会雑誌に記載されている女性のむくみアンケートの結果を基にどんな人が足のむくみを感じているかやその解消法をご紹介します。
【こむら返り】足がつる原因と解消法
夜中に足がつるなんてことありませんか?つるとはいわゆる「こむら返り」とも言われています。実はそれ足のむくみの影響で足がつりやすくなった可能性があります!ここではこむら返りが起こる原因とその解消法をご紹介します。
むくみと体脂肪率の関係
むくみと体脂肪率は関係があり?ここではこの二つについて調査。むくみは水分を溜め込んでいる状態。体脂肪率は体の脂肪重量の割合のこと。むくみと体脂肪増加の原因を知り、むくみ、体脂肪の解消法をご紹介します。
むくみとセルライトの関係
セルライトが目立つあなたはむくみにも悩んでいませんか?むくみとセルライトってどんな関係があるのでしょう。実はむくみを改善すれば、セルライトも少しずつ解消されます!早速解説していきましょう♪
むくみと便秘の原因解消法
むくみで悩む人は便秘にも悩んでいる。特に女性に多いのが特徴的です。便秘を放っておくと腸内環境がさらに悪化してしまいむくみになってしまいます。ここではむくみと便秘の原因や解消法をご紹介します。
むくみと肌荒れの原因解消法
むくみと肌荒れって同時期に起きるなんて経験ありますか?むくみは水分の溜め込み過ぎ。肌荒れは老廃物が体外へ排出されず起こる症状。ここではむくみと肌荒れの原因を医療情報を参考に徹底的に調べてみました。
生理周期を知りむくみ解消&ダイエット
生理周期を知ることでむくみ解消、ダイエットになるってほんと?通常の生理周期は25〜38日程。あなたのむくみは生理による影響かもしれません。時期と順番を気にするだけでむくみも対処出来て、ダイエットも効率よく痩せるかも!
むくみと老廃物の原因解消法
むくみ解消には溜まった老廃物を排出する事が大切。むくみとデトックス不良が重なっているときに起こりがちな症状をまとめてみました。むくみと老廃物が併発すると一体どうなるのか。併せてむくみ改善やデトックス方法もご紹介します。