メリロートの効果と副作用

むくみ解消のメリロートについて調べてみた!

DHCメリロートとファンケルメリロートキュキュットレストとするるのおめぐ実の比較画像

最近むくみ解消サプリメントの成分でメリロートってよく聞くんだけど、それって何?と思っていらっしゃる方が多いようです。
今日はメリロートについてやその製造方法、むくみに対する効果と副作用について調べてみました。
メリロートって実際効くのでしょうか?徹底調査開始!

メリロートとは?

女性

むくみに効くとうわさのメリロートは、和名をセイヨウエビラハギという植物で別名スイートクローバーとも呼ばれるハーブ。
なんだか、スイートクローバーと聞いいただけで安心感を持ってしまうのは私だけでしょうか?
世界的に牧場の牛や馬や羊などの餌として乾燥させたりや肥料として栽培されているようです。

 

そのメリロートには、血流を改善する効果のあるクマリンなどの成分が入っていて、それがむくみにも良いとされています。
クマリンは桜の葉に代表される芳香成分の一種で、バニラに似た芳香があるとのこと。
桜湯や桜餅の香りはこれらに含まれるクマリンによるものだそう。なんだか、癒されそうですね。

 

メリロートにはクマリンの他にサポニンやメリロート酸などの有効性が期待される成分も入っているようで、これらも血流の改善効果が期待できるようです。

 

ハーブとしては、医学書や薬学関係書などに掲載されており、その中でメリロートの有効量は1日あたりクマリンとして3〜30mg。

 

メリロートは医薬品・医薬部外品・健康食品・サプリメントとしても市販されていますが、その中のクマリンの値は、まちまち。
有効成分量に満たないものや、多すぎるものもあるようで、購入するときは、しっかり値を見てから購入することが必要です。

 

というのも、日本の基準値がヨーロッパなどの基準値と大幅に違うことや大量に摂取すると肝機能に影響が出てしまうなど、ハーブといえども良いところも悪いところがあるため。
ではメリロートの効果についてさらに掘り下げて調べていきたいと思います。

メリロートの効果って?

まずはメリロートの良いところ、どういう効果が期待できるのかみていきましょう。
メリロートは静脈に由来する疾患に対して効果があるようで、例えば脚の痛みや気持ち悪さ、こむら返りなどに良いとのこと。
また、薬としては血栓性の病気の治療や、打撲傷、捻挫などにも使われているようです。

 

医薬品の添付資料にも薬効として体液の浸透圧異常を正常化して、むくみをとる、ということがかかれていました。
それでむくみ解消サプリメントの成分としてうたわれているのがわかります。

 

口コミでも、立ちっぱなしの仕事の方が、脚が重だるくてしんどいのが翌朝軽くなったなどの投稿もみられました。
飲んですぐむくみが取れた、脚が痩せた、なんてうまい話はありませんが、脚のだるさが解消されたという口コミが多数。
私も脚がだるくて寝るときは着圧靴下が手離せないのですが、ちょっと興味出てきました!

実はこんな風に作られているメリロート

抽出

メリロートはメリロートエキスとして抽出されています。
その製造方法ですが、メリロート=スイートクローバーは成長すると、葉・花の刈り取りが行われ乾燥させ、そこにアルコールや水などで加熱。

 

蒸気の中にメリロート含有成分のクマリン配糖体(クマリン+糖)が溶け出したものを抽出。
それがメリロート濃縮エキスとのこと。

 

クマリンなどの有効成分の濃度は都度変わるので、日本薬局方外医薬品規格ではクマリンが0.6〜1.8%含むものと規定されています。

 

そういえば、ハーブショップでラベンダーの抽出などを見たことがありますが、大量のラベンダーの花束から少量のエキスしか取れないのにびっくりしたことが。
メリロートもあんな風に抽出されているエキスなんですね。

 

かなりオーガニックな成分だということはわかりました。

副作用とか怖くないの?

サプリメント

メリロートがハーブからの抽出ってわかったので、ちょっと安心しましたが、ハーブだからといって副作用がないわけではないので、次に副作用について見ていきましょう。

 

はじめに医学書などではメリロートは適量の服用では副作用は見られないとのことですが、服用量が多すぎる場合には頭痛や気分が悪くなったりすることがあるそうです。
また、まれに合わない方に肝障害が起きることがあるそうですので、直ちに服用をやめることで症状は消えるとも書かれています。

 

医薬品の使用上の注意にも、「発疹・そう痒、悪心・嘔吐、腹痛・下痢、食欲不振、心悸亢進、頻尿等、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること」という表示が見られました。
資料では、このような症状が現れるのは0.1〜5%未満とされていますので、まれにあるということなのでしょう。

実は私は風邪薬や花粉症の薬を飲むと、水分がピタッと止められたようになって、鼻は止まったけど口は渇く、便秘にもなるというタイプなのですが、この資料を読む限り便秘の心配はなさそうで、ちょっと安心しました。
私のように、常用している薬との飲み合わせも心配ですね。
特に血圧、血管系のお薬を飲んでいる方は、作用が重複したりするかもしれません。
必ずお医者さんと相談されることをお勧めします。

 

また、ピルを飲んでいる方も、このメリロートを一緒に飲んでいいのかどうか悩みますが、レディースクリニックのQ&Aによるとピルと同時に服用しなければおそらく大丈夫ということでした。
飲む時間をずらすなどするといいみたいですね。

むくみ解消サプリメントとして人気のメリロート

EUの「食品に関する科学委員会」では、2004年12月にメリロートに含まれる有効成分クマリンの一日摂取量(生涯摂取し続けても大丈夫な値)を0.1mg/kgと設定したそうです。
体重50kgとして5gですね。薬やサプリメントは内容を知って使うのと、知らないで使うのでは全く違います。
自分の体質と照らし合わせてサプリメントを選ぶといいでしょう。

 

気になる症状が出たとき、メリロートはやめるとその症状は消えるらしいので、ちょっとでも合わないと思ったらすぐにやめましょう。
といいつつ、メリロートで脚のだるさや、むくみが解消できたらいいなあと密かに期待!

むくみサプリをチェックしてみよう

当サイトではむくみ解消におすすめのサプリメントを徹底調査!
こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

結果これが良かったむくみサプリランキング

トップページへ

関連ページ

むくみサプリの副作用について
むくみ解消にサプリが沢山あるけど副作用がないか心配。選び方が分からない。なんて方は要チェック!こちらではむくみサプリの効果や副作用についてお答えします。しっかりチェックしてサプリを使いましょう!
むくみサプリと医薬品
むくみサプリの副作用ってあるの?こちらではサプリメントの使用上の注意点やむくみの効果、副作用についてまとめとページです。正しく使うことでむくみにも効果が期待できます。購入前にまず確認を!